turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近は言葉が出ない

最近は言葉が出ない。
というか、言葉を通した神経細胞に直結した感覚が出ないと言うのか。
一人でいても人様といても言葉が出る時は出るし、出ないときは長い月日出ない。
人とさも話している風にはできるが、それはまず自分の言葉でないのが分かる。
今までも9.9割方は自分の言葉でないような、どうにも魂がフワフワ浮いてしまっている感じだったが。
自分が「あぁ、今言葉を発しているな」と感じる時は、色々な神経細胞が結びつき、自然と湧き出る言葉が次から次に結びつく時。何を言っても見事に全部が結びつく時に、驚きながら「言っている」と感じる。
「言っている」と感じる時は、同時に、コンタクトしている人や脳内に現れた人に「言わされている」とも感じる。
だからとても驚く。
恐いとさえ思うときがある。

無理に追い立てられて話す言葉が何一つなく、スルっと出てしまう時。
静的で脳裏的なエネルギーも動的な肉食的?エネルギーも同時に止め処なく溢れてくる。
そんな時に神経細胞にある物と声が直結した「言葉」と初めて感じる。
言葉は出ると、いつも初めてを感じるのだ。

でも、言えても言えなくても元々はきっと一緒とも感じるから、こんな時はダラダラと過ごしてみる。
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。