turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/8 なってるハウスにて

サックス、尺八の松本健一さん仕切りによる初セッション。
アメリカから来たドラムのDaveとベースのToddとは初顔合わせでした。

ナッテルは久々だし、初見のミュージシャンもいるから当日はなんとなくソワソワ。
珍しく会場には一番乗り。
ドアを開けると、リマさん「やっぱり村田くんが一番だったか~」とニヤニヤ。
なんすかね。あれ、もしやなんか見透かされちゃってる?

早々に一人サウンドチェックを済ませ、カウンターでコーシーを一杯。
見事なほど気持ちがスっと落ち着いた。
カフェイン効果、さすが。
ではなく、音リハで早めに納得いくととても気分良いのであります。
長時間ツマミをコネクリ廻すと耳がイカレてべらんめいな音になってることが多い。
自分の作りたいサウンドと会場の鳴りで一番ベストだと思う音が直感でパッと決まると、なんとなくその後も耳に負担をかけず気持ちも軽くなる。
しかし、毎回違う環境で違うシステムで音を出すからそうもいかず。。
やっぱし自分専用のアンプそろそろ購入時かぁ~
んじゃ~黒くて重くて大きいの、買っちゃおうかな!!うひょひょっ
バカヤロー!そんな金はねぇ!(もう一人の俺の声)

演奏はタイトでいて動的。
常に中間の良い頃合を感じながらも振り幅の大きさを内包しているセッションだったかなと思う。
着かず離れず、と着いたり離れたり、を同時進行的に意識下において歩を進んでいった気がする。
最後まで良い緊張感の中で新たなワクワクするチャレンジもできた。
後半のセットにはサックスの立花さんも一瞬参加してくれて嬉しかった。

Daveがまた日本に来た時には、新たな気持ちでまたこのメンバーで音出してみたいと思えたセッションでした。
ありがたい出会いの時間でした。

松本健一.Todd Nicholson.Dave Miller.村田直哉 Live At なってるハウス

終演後
左から Dave Miller Todd Nicholson 松本健一 村田(干し魚をくわえて)
松本健一.Todd Nicholson.Dave Miller.村田直哉 Live At なってるハウス
スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。