turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンポンダッシャー

今年から新たに出発したババア。
初参加してくれるのは北海道からきた若きトランペッター横山くん、ベースの内田さん、perのムーピー。
1ホーンで渡辺瑞季、1ドラムで池澤くんというのも初。
ギターの神戸くん、前回のババアではサンプリング音をミックスしてユニークな演奏をしていました。
その内エスカレートしてギターを弾かずサンプリング魔の様にならない事を祈る。
ファミコン世代はボタンがあるとつい連射したくなるのだ。
いや、ピンポンダッシュ世代?
ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポーン

そういえば、最近はピンポンという音よりも柔なメロディーが鳴るインターホンが多い。
なんだかそれでは押した時、自分などじれったく感じてしまう。
しかし訪問者の顔と用途が明確に伝わるテレビドアホンなんてのは、自分などでは来客に対して受身すぎる。
そういう所から人間同士のコミュニケーションやイマジネーションの欠落は始まるのだ。
便利というのを越えてもはや不便である。

ベストは、訪ねてきた人の事が音だけでヤンワリ想像できるのが良いと思う。
例えば、サンプリング・ベル。
いくつかのボタンがあり、訪問側のケースに合わせサンプリング音を予めセットしておければ、会わずして客人の心情がなんとなく読めてしまう。
そんなベルが丁度よいと思う。

呼びベル1:[ねぇ](甘えた感じの声で)
これは暇で無条件にジャレたいんだな、と伝わってくる。

呼びベル2:[ねぇ](明るい感じの声で)
聞いてほしい嬉しい出来事があったんだなと伝わってくる。

呼びベル3:[ねぇ](低い声で)
今日は少し不機嫌で引っかかりたいんだな伝わってくる。

呼びベル4:[フ○ーーーック!!](いかつい外人の声)
動物としての触れ合いを欲している事が伝わってくる。チェーンをかけ迅速に裏口から逃げられる。


■2/9(水)
【BaBaa】
神戸智浩(g)
横山祐太(tp)
渡辺瑞季(sax)
内田典文(b)
muupy(per)
池澤龍作(ds)
村田直哉(cond/tt)

開演20時/¥1000+order
@江古田「フライング・ティーポット」
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/182-47ddbaa6
<< 昨晩のババア | TOP | この出来損ないめっ! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。