turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の蜂谷さんフリーセッション

総勢10名の参加ミュージシャンが集っての大セッションに。
ギター4、ボイス1、バリトンサックス1、フルート1、バイオリン1、口琴1、ドラム1名。

始めは今回のホストを務めた蜂谷さん菊地さん自分の3人でのセットから。
その間も「聴いていてどうしても音が出したいと感じたら参加してください」と参加ミュージシャンに主宰の蜂谷さんが一言。

確かに飛び入り参加自由のフリーセッションに来ているのに、皆大人しく聴いていないとならない時間があるというのもなんか少し変だ。
こういう場で有意義だな、と感じる時は会場の参加者全員が常に聴く=一緒に演奏している様な状態が保たれている時だと思う。
会場全体がステージという感覚で全員がいつでも声をあげられる状況は自由な表現の場では健康的でフェアな物を感じます。

その分、不意に一度誰かが緩みだすと後へ続けとばかりに絞まりのないダラダラ大セッションになってしまう事もあるから恐い。
こういう場合はホストが締めなければ、ポジティブな発見を持ち帰れない"音の垂れ流し"状態になってしまうという事もあるし、ホストを務めた意味もあまりない気がするから責任重大。

後半のセットは、「ソロから全員が絡んでいく流れをやってみたい」という菊地さんの提案で。
参加ミュージシャンそれぞれのソロを3分程度と、その流れで全員が絡んでいく大セッションを1分少々、を全員廻すというやり方。
これはそれぞれのミュージシャンの世界観や音の進行を謙虚に聴いて進行できる一つの良い案だと自分も感じて共感。
1時間程一連なりでセッション。
ムムッ、全体の音が一つになって生きてきたかな!?という所で終了。
次回があればまた是非チャレンジしてみたいと思いました。
自分も当然一参加者として何ができるかな?という気持ちで今回のセッションにトライしてみた。
貴重でありがたい時間になりました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/208-6ba30c06
<< 甘いもの | TOP | 明日は自由参加のセッション >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。