turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたい一夜

先週末は横浜エアジンで声のサガユキさんのsoloライブだった。
自分がサガユキさんに出会ったのは、5年ほど前のこれまたエアジンで加藤崇之さんg、大沼志朗さんdsとのトリオライブ。
フリーとかインプロという音楽的感覚や言葉を知る切欠になったのもこの時だった。
だからエアジンには特別な思い入れがある。
あの空間に入った瞬間に、聴くにしてもやるにしても良い音楽的緊張感に自分が覆われる。
マスターの梅本さんと先代のミュージシャンと音楽を愛するお客さんと皆で作ってきた空気感が充満していて、今一度表現するという事の重みを考えさせられる。シビアさと温かさのある場所なのだ。
エアジンには出来ればずっと残っていてほしいと思う。

サガユキさんのソロもまったく素晴らしかった。
伝説の...だとかタイトル付けていたが、そんな事は関係なく一貫して人間同士の魂にフェアさを感じた。
彼女の壮大な人間関係の、自分という他人の人間関係の美しさの音だった。

最後は、数年前から不定期で年間1、2回のペースで行われる彼女を講師としたインプロワークショップの参加メンバー十数名(自分も)が加わって壮大なインプロセッション。
これもまた素晴らしかった。
誰がどうだとかいう事ではなく、全体として素晴らしい景色になったと感じた。
サガユキさん始め、皆の根気強さと努力のタマモノだった。
こういう場に遭遇する事ができて本当にありがたいなと思った。

彼女の粋さに、顔をこねくり廻した挙句、道路にぶっ倒したくなるほど嬉しさに満ちた。
が最後はぶっ倒された。 。!
そういう一夜だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/30-2f79a36a
<< 妄想爆発! | TOP | 来週は西新橋 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。