turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今ここに考える

先日、久しぶりの場所に一杯呑みに行ったとき、ディジリドゥ奏者だという髭もじゃオヤジとカウンターで一緒になった。
妻子持ちらしく、色々とその人なりに震災以降に思う所を話してくれた。
原発の問題、国の体制の問題、今後の若者の未来、被災地に行って直に演奏してきた事など。

震災以降、色々な思いはあれど、これといって今言える事がなかった自分は、ひたすら聞き手に廻って酒を呑んでいた。

聞いていて、自分の当事者意識の薄さを感じざるを得なかった。
原発の問題は、自分ではどうにもならない、なるようになるしかない、自分にはまださほどの被害はない、などと何処かまだお隣の問題気分で考えていた。

オヤジは何も大きな話をしていた訳ではなかった。
一個人として、生きている今の現状、日々何処かの物を飲み食いし、口や皮膚で息を吸うこの環境をどう自覚してるか。
それだけの話だった。

自分の身の回りで起きている事を自分で考え、自分で道を作る。
自分のいる未来を自分で考える。

自分の事は考えていても、自分事とする範囲の狭さに、何も言えることがなかった。

いつか死んでこの世を去る。死んだ後はどうにもできない。
それまで自分は自分のやれる事の中で光をみるしかない。
今もそれは思うが、それだけだった。
その思いの手前や別の角度の視野があまりに幼かったのだ。

自分にもそのオヤジと同じように、今生きている大事な人がいる。
誰かにとって頷ける立派な生き方はできないし、そうするつもりもないけど、
自分が生きるという意味に、やはりロクデナシかな、まだまだ何かを気づけていなかったのだった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/350-d9c1022b
<< 顔は笑ってないが | TOP | 林さんとデュオ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。