turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い思い出なんてドォォーーン!

先日はピットインにてサックスの立花さんのバンドの大忘年会と称した、大インプロバンドに。

到着してみるとミュージシャンまみれだ。
平日の昼間からそうそうたるメンバー。。うわわ、なんか分からないがこの贅沢感はなんだろー
 
こりゃノンビリしてるとステージ外に放り出されるかも。などと思いつつ早々にセッティングして音リハ。適当に手に取ったレコードに針を置いてみる。
すると、ドラムの若杉大悟が何をいうのでもなくソロリ近寄ってきて、流しているレコード盤を覗いている。

「なに?」というと
大悟くん「これ、オレのじゃないよね?」

みると、あ そうだ。
先日若杉家に行った時に内容が余りに好みだったから黙って持ってきたヤツだ。
もちろんパクってなんかいない、借りたのだ。

俺「あ これね。大悟くんのだね。」
大悟くん「えぇ~なんで勝手に持ってきてんのぉ~。思い出のレコードなんだけどぉ~(半泣き)」
俺「ちゃんと返すよ。傷一つ付けず。」

しかしもうすでに無茶なプレイで傷まみれだ。
ごめんよ大悟くん。と思いつつ内心、レコードも使われてきっと嬉しいさ!ウフっ

その後ちょっとすねたのか、しばらく口をきいてくれなかった。

それにしても、フリージャズのイントロを流しただけでバレるとは、相当聴き込んだ思い出の一品なんだろう。
人生色々。思い出は新しくつくっていくものだっ!
俺が古い思い出なんて割って忘れさせてやるぜ!ドンマイ!

演奏は、立花さんを始め、皆さんの熱い音を浴びまくって、終盤の演奏中じ~ん。。感動!
ありがたい時間でした。


そして、昨日はラッパの横山くんの呼びかけにより、イタリアから来ていたドラム&エレクトロニクスの使い手Utku Tavilと小部屋のスタジオでレコーディング。

Utkuが、さっそく音を出す。

ドォォォーーーーン!

うっ・・く。セッティング場所が悪かったか。
爆音ドラムと爆音PAの板ばさみだ。
しかし場所が狭いからここしかない。
Utkuは嬉しそうだ。

バコォォォーーーン!

うひょ~~!み、みみがぁ~~

今や古ぼけつつあるクラブ文化の残り香の様な機材でやっている癖に、昔から爆音は苦手。
あの胃にくる感じの機械音の低音も大の苦手です。

失言といわれてもいい。
まず、意味が分からない。

ドゴォォォーーーーン!!


しかしそもそもドラッグミュージックみたいなもんに音がデカイよ、なんていうほど野暮ではない。
過剰に何かを摂取してハイになるタイプの物が自分はそもそもマインド的に合わないだけなのだ。
へいっ!ミスターディージェイ!なにかいっておくれよ。

でも俺もここぞとばかりに苦手克服のチャンス!
ひねくれず音量に合わせてやってみる。

そしたらクラブ系が得意なDJと勘違いされたのか、ちょっとリズムパターンを出すとノリノリで嬉しそうについてくるUtku。

ドンドンタン ドンドンタン・・
ドンッタッタン ドンッタッタン・・
どっしょしょい どっしょしょい・・
わっしょい わっしょい・・・
・・・
だんだん神輿でも担いでいる気分になってきた。

でも、やっていくうちに小音で音響的に音を作っていくのも、デカイので横に伸びていくサウンドなども、色々実験できそうな気配。

Utkuいいじゃん。

ひとまずは相手に飛び込んでヤリガイをみつけると、他の何とも比べられないそこだけの線上で、学べる感性や発見もあるからその後は楽しさ100倍だ!

今回のはCDにでもするのだろうか。
楽しみです。

yokoyama,utku,murata,tainaka,okamoto impro session
Utku(ds)セッションにて
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/463-c8b7d0f9
<< うーん | TOP | バカヤローなりに >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。