turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇と光

インナーに入ってる時ほど引っかかってることが掴めなかったり見えなくて、アウター(なんて言えば良いの・笑)にいる時に、逆にインナーで引っかかっていた感触に気がついたり、自分のそっちょくな気分や気持ちがスンナリ受け止められる、なんてこと俺は結構ある。

どっぷりインナーにいるときは、やっぱし過剰に神経質になりすぎちゃうから、気分が大らかになってるときに気がつける事がごっそり抜け落ちちゃうのかもね。

でも、インナーの時につくったり感じたり、確かめたりしてる脳って果てしなく一人だから、ココロで叫んだり、泣いたり、逆に大勢といたり、世界や宇宙と交信していたり・・。
そんなのが自分の心や魂を突いたり燃やしたり、肥やす大事な栄養の種になってると思う。

そんな苦しく暗い旅の時、その自分をどうやりきるか、どう今の自分と付き合うかで、闇から開放された時にきっと次踏み出す一歩が見極められるのだと思うし、何かが変わっているのだと思う。

そして、また次の闇が来ても、前と同じ闇でもなくなっていると思うし、光り方も変わっていくと思う。

だから闇の時に、苦しい自分からなるべく目を背けずに。
これは自分の中で何気なくずっと大事にしていること。

なにわともあれ
将来の夢は、マインドサーファー。

今はパドリングでずっこけ。へぇ精一杯です。

ズッコケるときは思いっきりズッコケる。
これは意識的に大事にしていること。

もちろん演奏を(ウソ)

いつだってベストを尽くして
いやいや
いつだって沈みきれずにもがいているのであります。

コロセ!
コロセ!

うひょひょひょひょ!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/488-aa9e638f
<< 4月後半はリーダーライブを2本 | TOP | カミムラさんとデュオ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。