turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパニーズ・トリップ・ティー

昨晩は高円寺でスタジオ貸しきりのフェスだった。
会場でライブやDJをやっていたのは同時進行で4ステージ。
何十組と出演者がいたから関係者だけでも相当数。
生真面目そうな学生から、眼のイっちゃってる男の子女の子、獲物を物色している様な眼の恐そうなお兄さん、髭もじゃのヒッピーおじさんまで色々な人で溢れていた。

音は爆音で四方八方から垂れ流し、グッチャグチャの闇鍋状態。
やっぱり音圧でクラクラ。
色んな快楽やギラギラした想念でまたクラクラ。
今日は動的なエネルギーを前に出さねば押されてしまいそうだと直感。
1、2、3 ダー!!

でも早く着いたから転々とステージを回ってみる事に。
すると横にいた人から「喉渇いてる?」と飲みかけの缶の緑茶を差し出された。
会場は熱気ムンムン、喉もカラカラだったからありがたく頂こうとした寸前に彼の顔をみたら...


焦点が合ってねぇ!
緑茶でやたらニマニマしている!!

うおぉ... アブネェ。。

もう少しで口に入れる所だったじゃねーかボケ!
と、その後もしばしば知らないヤツから飲みかけの物を手渡されたが、さすがに警戒して飲めなかった。
自分は基本的に酒も何もなくてもいつでもトベるし、トンでなくても人間なんてトンでるんだからそもそも必要ない。
ぺっぺっ

しばらく疲れてぼーっと周りを見渡していたら、ふと聴こえてきた。
皆自由と心の中で唄いながら、日々瞬間瞬間のどこかで歪に感じる何かに納まりを付けようと頑張って大人になるしかない、と言っている様な気がした。
表向きは何かに渇望していながらも無気力で、何かに急ぎ、何かを覚醒して置いてきぼりにしている様にも感じた。
奥の方には純粋無垢に泣き叫んでいる物が聴こえてきた様に感じた。
自分とまったく同じだった。

自分もまだ守るものあるかな?
と改めて問いてみるありがたい1日だった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/58-6c2318cd
<< どうやら細胞ネコ集会がはじまった | TOP | シナチク・トリップ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。