turntablist

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/10(土)入谷・浅草「なってるハウス」

最近トリオ以上となるとドラムと交わる機会が多かったけど、カルテットでドラムレスというのは久しぶりの編成。
今回は新井さんの組み合わせでメンバーが何とも絶妙である。
お三方共に別々でご一緒する機会があったが、ジャズ系のミュージシャンや、自分と同世代のクラブ系の音にもまったく耳が慣れたミュージシャンともまた違うアプローチやエネルギーの発し方をそれぞれに持ち合わせている様に感じる、自分から見れば「奇」なメンバーだ。
中でも新井さんは現代音楽をベースとしたピアニストだからか、前回の時は一緒にやっていて新鮮なアプローチや質感に気づきを貰ったり、引き出してもらえた部分もあったと思う。

話しは変わるが、
自分は数年前にくらべ少しは理解が増えたかも?とも思うが、その理解と平行して無鉄砲で攻撃的な表現衝動のエネルギーが弱くなると、急に音を出すのが恐くなったり、普段の生活でも迷いが多くなったりする時期があった。
それはこれからもある事だろうけど、
エネルギーを創出する心の軸や対照が被害者側になりやすい守りや期待や疑問を投げかけるタイプの意識から、色々な事にありがたいなという気持ちにシフトしてエネルギーとなっていくのを感じる。
これは、中高生の暴れん坊が卒業後、世話したセンセのありがたさに気がつくのと酷似した心境の変化だ。
晴れて自由の身となる囚人が出所の日に監守に深くお辞儀をする様だ。
いや、少し違うか。
どうせまた捕まるって所は似ている。
時に一点集中や猪突猛進だったり、信じる信じないという事その物に知らずの内に囚われてたり、これまた知らずの内に頭カチカチの一時停止快楽状態になってたり、という癖は相変わらずありそうだから、自分みたいな人間こそ色々なタイプの表現者と交わっていかねば!と昨今よく思う、と言いたかった。


■7/10(土)
新井陽子.piano
狩俣道夫.voice,s.sax,flute
ヒゴヒロシ.bass
村田直哉.turntable

19時半開場/20時開演
@入谷・浅草「なってるハウス
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://showsimin.blog38.fc2.com/tb.php/78-61fe3a1a
<< 昨晩は半年ぶりの | TOP | 昨晩は吉祥寺でライブ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。